ゆがふしまづくり計画ホームページ

ゆがふしまづくり計画の具体的施策

自然増、社会増を拡大し、離島・過疎地域に
おける課題を解決するための具体的な取組

1自然増を拡大するための取組

1結婚しやすい環境を整え、
妊娠・出産を支える

たとえば…
 未婚者・晩婚化の改善に向けた体験型婚活イベントの開催等による出会い応援の機運醸成や、子どもを望む夫婦への不妊専門相談センターにおける電話・面接相談、低体重時出生率の改善に向けた妊婦自身の健康管理に対する意識啓発や周産期医療体制の充実強化を図ります。

2子育てしやすい環境を整える

たとえば…
 子育てしやすい環境づくりのため、保育所等の認可外保育施設の認可化移行を促進し、保育の質の向上とこれを担う人材の確保・育成を進めます。
 また、保育に対する多様なニーズに対応するため、病児保育事業延長保育事業の実施や休日・夜間保育を実施する施設について給付の加算を行う給付金の助成など、環境整備の総合的な推進を図ります。

3女性が働きやすい環境を整える

たとえば…
 働きやすい環境を整備するために、ワーク・ライフ・バランスに係る啓発・普及活動を実施するとともに、積極的に取り組んでいる企業を県が認証することで社会的評価を高め、さらなる普及拡大を図ります。

4健康で長生きできる環境を整える

たとえば…
 「健康長寿おきなわ」の復活を目指し、市町村や各種団体などを含めた県民会議を中心に、行政と県民が一体となった健康づくり運動を展開します。健康意識の向上や、特定検診・がん検診受診率の向上、肥満の改善、アルコール対策などの取組を推進します。

2社会増を拡大するための取組

1魅力ある雇用の場を作り出す

たとえば…
 進学・就職のためいったん地元を離れた若者や県内求職者が安心して就職できるよう、各種特区制度等を活用した企業誘致や、新産業の創出、産業振興を担う人材育成などを推進し、地域経済の活性化を図り、新たな雇用の創出・確保に取り組みます。

IT津梁パークの
支援施設

2地域産業の活性化・競争力の強化を
図ります

たとえば…
 豊かな自然、観光資源、文化など地域の特色ある資源を最大限に活かし、地域の稼ぐ力を強化するとともに、地域内で消費する商品やサービス等は県内で調達できるようにするなど、経済循環を高める施策を展開することで、離島・過疎地域を含む県内の地域産業の活性化を図ります。
 また、本県が比較優位を発揮できる臨空・臨港型産業の育成や農林水産業分野における新たな技術の開発、海洋資源の開発に係る取組等により、地域産業の競争力強化を進めます。

物流センター

3移住者が定着する環境を整える

たとえば…
 市町村職員を対象とした「移住対策セミナー」を実施するとともに、移住と地域振興に関するシンポジウムや県外都市部において「沖縄移住フェア(仮称)」を開催し、市町村の移住取組の気運盛り上げを図り、具体的な取組につなげます。
 また、県と市町村等の連携を図るための協議会を設置して一体的な活動を行い、地域と移住者が連携した地域づくりを目指します。

移住対策セミナー

3離島・過疎地域の振興に関する取組

1交通・生活コストの低減や、
生活基盤を整える

たとえば…
 割高な交通・生活コストの低減、海底光ケーブルなどを含む情報通信基盤や航空路、航路及びバス路線を含む交通基盤などの生活環境基盤の整備を進めるとともに、公平な教育機会の確保、医療、福祉等の健康福祉セーフティネットの充実を図ります。

2多様な地域資源を生かす

たとえば…
 地域資源を生かした個性のある観光プログラム等の創出で国内外からの認知度を高める取組を強化するとともに、海外航路・航空路の充実、海外からの観光客増大に向けた誘客活動を推進します。
 また、離島・過疎地域の基幹産業である農林水産業については、農林漁業者が農林水産物の生産(1次産業)からその加工(2次産業)、そして流通及び販売(3次産業)に至るまで一体的に取り組む、いわゆる「6次産業化の取組」などを通して、多様な地域資源を生かした人口交流や雇用の創出により、地域の活性化及び所得の向上に寄与します。
 さらに、地域の特色を生かした特産品づくり等については、外部専門家等による支援や農林水産物の輸送コストの低減などに取り組みます。

3移住促進に向けた情報発信

たとえば…
 移住相談ワンストップ窓口の設置、定住促進住宅の整備、空き家登録、移住者と地域住民をつなぐ人材の育成等、先進取組事例について情報交換を行います。
 さらに、都市部において移住フェアを開催するなど、移住する際の注意点や地域の習慣等に関する事前情報を積極的に発信します。
 また、移住者が安心して生活できるような良好な住居環境の整備を行います。

123の取組を支え、
持続可能な地方創生を推進する取組

1多様な人材の育成

たとえば…
 リーディング産業や地場産業(農林水産業、ものづくり産業、建設産業等)を成長・高度化させる人材など多様な産業人材の育成を推進し、人材育成の指針を示すガイドラインの作成を行うなど、医療、福祉、防犯、防災等の分野に従事する人材を育成する。

2「民の力」を地方創生に活用

たとえば…
 企業など「民の力」を地方創生に活用し、「ひと」と「しごと」の好循環を生み出し、「まち」の活性化に資する幅広い分野が対象となる企業版ふるさと納税などの活用を推進し、本県への資金の流れを強化する。

3新技術の活用

たとえば…
 沖縄ITイノベーション戦略センター等の活用により、情報通信産業の高付加価値化や新ビジネス創出等を促進するとともに、リゾテックをキーワードとして、観光、ものづくり、農業、物流、各種サービスなど各産業において新技術の活用を促進し、生産性の向上を図る。

ページの先頭へ